朝ぶろぐ♪ (・ω・)♪

2012年 朝風呂に入ってる程の気分でぶらぶらするブログの意味で改名!

ますたーすたでぃー


先日のレッスンで、先生が「この教則本なかなか無いから見つかるまで貸してあげる」と

貴重な本をお借りすることに!!



今日の仕事終わりに先輩を待っている間、その教則本を眺めていました。


最後のページになにか挟まっている…。



なんだろう…と思い最後のページを開いてみると、それは教則本の一部だったようです。


A3にも入りきれない図解が書いてある。


ゆっくりと開きながら透かしてみてみると、どうやらスライドの絵が見開きで描いてある模様。








「……。」









それに、開くにつれ段々と見えてくるおびただしい数の縦線と数字。







「……。」 (゚ω゚;) マサカ...







タイトルに目をやる。









トロンボーン76ポジション





(゚д゚;)ギャー!!!!!


教えてもらったF管とB♭管の違いのみならず、


全ての音のポジションの違いがミリ単位で表されています。





先生方は無意識に使い分けてはるんやな〜とはるか遠い所を見る目になってしまいました。


まさか76ポジションもあるとは!!!


「・・・・・・・・・。」


まずはチューナーとにらめっこするところからがんばります。 (`・ω・´)

Lesson2

さ〜行ってまいりましたレッスン二回目!

今回も目からウロコな裏技が!(違)



"F管とB♭管"

先生:「音階やってみて。」

げじ:♪ぼぇ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 (-ω-)…。 〜〜〜〜〜〜〜♪

先生:「ふんふん。F管とB♭管のポジションが違うのは知ってた?」

げじ:「し…知らないですた…。」(´・ω・`)テケトーニアワセテイマスタ,スミマセソ...

先生:「んじゃ自分で気付いてんな〜。自分で気付いたんは偉いから。」

 (先生褒め上手すぎです!)(つω;)

〜そこで先生は、F管とB♭管のポジションの違いを分かりやすく披露。〜

げじ:「……!!!!!!」 Σ(`・ω・´) メカラウロコダ!!

企業ヒミツとかじゃ無しに口で説明できません。
すんませんいつか図解を載せますね。いつか…。
「ポジションが違うなんて、そんなん当たり前じゃよ〜」という方!
げじぞーは目からウロコでした。2年間知らずに吹いていたyp!!




"持ち方"

先生:「ちょっとこのエチュードやってみて。」

げじ:♪ぷぴーん ぱぷーん ぽわーん♪ (´ω`;)

先生:「…ふむん。それ持ちやすいか〜?」

げじぞーは親指と人差し指のみでつまむようにしてスライド移動していたのです。
が、親指と、人差し指と中指で楽に持つようにとアドバイスをいただきました。
スライドを無理やり動かすのではなく、自然に動くように…。
極端に言えば、親指側 と 人差し指,中指側 に遊びが出来るくらい。
で、手首を前後にやたらと動かすのはしんどいので、自然にひねるように。遠いポジションは手のひらを上に返すように。




色んな場面での自然に、自然にとのアドバイスに"自分って力入りまくってたんやな〜"と思いました。
ピアノも習い始めに、「力を抜いて〜卵を潰さないように〜」といわれた記憶があります。
無理な力や変に力が入っている"力んでいる状態"はそんなにイラナイのね…。


一つのエチュードに二つ以上のアドバイス。
たくさん練習の仕方、上達する方法を教えていただいたのです。
素早くピンポイントにチェックしていただける個人レッスンってやっぱ良いなあと思いました。

今日の合奏

今日はタンギングがうまくいきました!
MD聞きながら、出勤中だろうと、一人データの整理をしているときだろうと「ろ"ろ"ろ"ろ"……(endless)」「トトトトトト……(以下略)」を連呼していたからですね!
はために少々不気味に見えようが、本番は今月末!かまっていられない!
「サンチェスの子供達」を聞いてみてください!オイシイ中低音のバッキング!


〜 一昨日のレッスンの1シーン 〜

先生 : 同じ音でいいからタンギングを

gezizo : はい

gezizoのタンギング → ここには書き表せないものすごいタンギング

gezizo :  ・・・。  (・ω・`)



以下バストロの先生のアドバイス
(すべっている時のタンギングついて)そんなに早く出来るという事はいいものを持っているから、あとはそれをコントロールを出来るようになるだけ。
もっとなんか褒めてもらえたようなアドバイスをもらって、とたんにやる気がふつふつと。
   (・ω・)ノ ヤルゾー!オー!


単純です。 (゚д゚)~*

初レッスン

昨日は、初めてのバストロレッスン。

最近基礎練習の"き"の字もやってなかったから、

「音階」から「タンギング」からぼろぼろでした。

基礎練習しなくても平気だと思っていたのです。(問題発言)

でも昨日のレッスンで、やっぱ必要なんやなーと。

基礎練すらうまくいかない時の練習法や、先のための地道な練習方とか。

一個一個の理由がわかってやる気でました☆

金管の先生から「デイビッド・テーラーにしてください!!」と言って

こい! との宿題を預かってきていたのですが、


無理でした  Σ(゚д゚;) ミッソンシッパイ!





PS.
目の前で繰り広げられる超絶テク。
どんな動きをしてもキレイな音。憧れます。
ていうか先生カッコよかった。(笑)
お知らせ

↑矢印を置くと記事が読めます
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ